2012年04月07日

2012年4月1日〜5日 元陽 【出発まで】

いつだったか、機内誌の表紙の写真に目が釘づけになった。

中華民航#.jpg

その日から雲南省昆明から南へ330km下った元陽という村はいつか行きたい場所になり、それから何年か経ってやっと今年、清明節の休みに行くことができた。

昆明から元陽へはボクの知る限り車をチャーターするかバスで行くしかない。
バスで行くとなると8時間ぐらいかかるとの情報から、
1日 上海→昆明
2日 昆明→元陽
3日 元陽
4日 元陽→昆明
5日 昆明→上海
という計画を立てた。

c-tripで行き帰りのエアチケット、昆明と元陽のホテルは簡単にとれたけど、問題は昆明と元陽との間の移動。
ネットで調べてみると、南窑汽车站というターミナルからバスが出ているという記事がいくつか見つかった。
でも、それが落とし穴。
南窑汽车站の場所を調べようと思ってBaidu(百度)地図で検索したところ、該当なし。不審に思ってさらに調べてみると、南窑汽车站は2010年に閉鎖され、今は南部汽车客运站ということろからバスが出ていることがわかった。(ちなみにGoogle mapでは南窑汽车站がまだ存在している。Googleで調べていたらまんまと落とし穴にはまるところだった。)

今回、一番役立ったのは、http://www.mafengwo.cn/gonglve/mdd-11660.html というサイト。更新が2012年3月と新しくて、何よりよかったのは、昆明から元陽のバスのチケットがネットで買えることがわかったこと。そのサイトは http://www.4006510871.cn/ynpay/ticket/ 昆明から元陽へのバスは日中は1本だけで、そのチケットが満席で買えなかったら、という心配がこれでなくなった。行ってみたらバスのチケットが売り切れで足止めを食らう、なんて、「深夜特急」みたいな旅は4日後には出社しなければならない身としてはできない。買えたのは行きのバスだけだけど、とりあえずあとはなんとかなるだろうと、出発した。
posted by chinausa at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 元陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする