2012年04月11日

2012年4月1日〜5日 元陽 【1日目 昆明】順城購物中心、一颗印、骆驼餐厅酒吧

金碧路をぶらぶら歩いて崇仁街を曲がると、09年にオープンした順城購物中心に行き着いた。

12年4月順城購物中心#.jpg

ここはおそらく昆明で一番の高級ショッピングモール。高級ブランドショップの他、TUMIなんかが入っている。去年(11年)の5月に昆明スタバ第1号店がここにオープンしたらしい。

12年4月昆明スタバ#.jpg

帰ってきてからいろいろ調べてみると、ここには「呼吸珈琲」というおしゃれなカフェがあったり、トイレをテーマにしたレストランがあったりしたみたいだ。いつもながら調べが足りないと思う。トイレレストランはどうでもいいけど、「呼吸珈琲」には機会があったら今度行ってみたい。

夕方4時半ぐらいから急に涼しくなる。

大衆点評で評価が高かった一颗印(老房子酒楼)で夕飯。

12年4月一颗印2#.jpg

順城購物中心と道を挟んで向かいぐらいの路地を入っていった場所にあって、雰囲気はとてもいいんだけど、味は。。。杂菌饵块(18元)、瓦片烤肉(38元)、牛肝菌(98元)。どれも油っぽい。特に瓦片烤肉は瓦で焼くのが珍しかったけどふた口で箸を置いた。

12年4月一颗印3#.jpg

それにしても、昆明はハエが多い、南方に来たと実感させられる。
店を出て、人が歩いてきている方に向かっていくと景星街という通りで出た。

12年4月景星街#.jpg

ここは小さな露天がたくさん店を連ねていてけっこう楽しい。
道で売られていた果物(果物かと思ったけど马蹄という地下茎の植物らしい)を買ってみる。

12年4月马蹄1#.jpg

1個1元。梨のようなしゃりしゃりした食感で硬さは栗のよう。

12年4月马蹄2#.jpg

さっぱりしていておいしかった。

この通りや光华街あたりは古い町並みがかろうじて残っているのだけれど、どんどん壊されていて、もう少ししたら全部なくなってしまうのだろうなと思った。

12年4月光华街#.jpg

すでに景星街と光华街をつなぐ钱王街はリノベーションされてブックカフェやイタリア料理の店なんかができ始めていたし。

12年4月钱王街#.jpg

街を歩く人を見ているとけっこうミニスカートやホットパンツを穿いている子が多い。そういえばショーウィンドーのマネキンもミニスカートを穿いていた。

12年4月昆明の街2#.jpg

歩行街になっている南屏街をぶらぶら歩いて、金碧路の骆驼餐厅酒吧へ。
骆驼餐厅酒吧は1995年にオープンした老舗のバーで、以前来た事がある懐かしい場所。さすがにずいぶん変わった。前は1階がバーだった気がしたけど今は2階になったし、広々としたおしゃれな空間になった。

12年4月骆驼餐厅酒吧1#.jpg

けど、居心地のよさは変わらない。入り口にジミヘンのポスターが貼ってあったりするバーなんて今はそうそうない。そういう、ロックの魂みたいなものが底流にあって、居心地のよさがつくられている気がする。音楽が古いロックってわけではないけど。
ミントハニーティー(22元)を飲みながらそんなことを思った。

夜はなかなかタクシーがつかまらない。
posted by chinausa at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 元陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。