2012年04月14日

2012年4月1日〜5日 元陽 【2日目 昆明→元陽】

バスの発車時間は10:20だったけど、ネットで買ったチケットは2時間前に窓口に取りにくるように書かれていたし、ホテルのフロントで南部汽车客运站までは1時間ぐらいかかると言われたので、7時前にはチェックアウトしてホテルを出た。

タクシーがなかなかつかまらず20分近く待たされたけど、乗ったら15分ほどでターミナルに着いてしまい、7時半過ぎにはターミナルの入り口に立っていた。

12年4月南部汽车客运站2#.jpg

でもその時間にはまだターミナルの中も人が少なくて、落ち着いて窓口でチケットを受け取ることができた。

12年4月南部汽车客运站1#.jpg

飲み物などはターミナルの中で買おうと思ってたけど、中には売店はなく、一度安全検査を通ったのにまたもどって、タクシーを降りたあたりにあったスーパーで食料を仕入れた。
8時をすぎると急にターミナルの中に人があふれ出した。

バスは時間通りに出発して、12時頃に一度休憩。あとは南沙に着くまで休憩なしだった。

12年4月南部汽车客运站3#.jpg

高速道路はふつうに整備されている。

12年4月昆明→元陽1#.jpg

途中の風景はふつうの田園風景で見慣れた日本の田舎のような感じ。特に心を動かされることもなくひたすらバスに揺られていた。

12年4月昆明→元陽2#.jpg

高速道路は道が新しくてよかったけど、一般道路に降りるとがたがた。
南沙に着いたときは、「ようこそ元陽へ」という看板があったから終点かと間違えて降りてからバスを離れようとしてしまった。途中で気がついて引き返したからよかったけど。

目的地の新街鎮まではさらに1時間。南沙から新街鎮までは山道でガードレールもカーブミラーもない道を走り、遅い車を追い越すときがちょっと怖かった。

新街鎮に着いたのは結局、昆明を出てから6時間半ほど。8時間かかるというのはちょっとおおげさだったようだ。
新街鎮に着いて、さっそく帰りのバスのチケットを買う。帰りのチケットは結局ここに来て買う以外の方法がわからなかった。バスは40人ほどしか乗れないのでちょっと心配したけど、難なく買えた。しかも1番。料金は来た時と同じ136元。

ホテル(元阳云梯大酒店)はバスターミナルから歩いて5分もかからないところ。だいたいそんなに大きな村じゃないし。

12年4月元阳云梯大酒店1#.jpg

部屋には冷蔵庫がなかったけど、快適だった。

12年4月元阳云梯大酒店2#.jpg

チェックインして翌日棚田を回る車をチャーターする。1日400元と言われてちょっと高いなとは思ったけど、まあホテルに入るバックマージンも含まれているだろうからそのくらいだろう。
まだ夕方だったので、近い棚田には行こうと思えば行けたけど、ちょっと昨日から風邪を引いたみたいで熱っぽかったから今日は休むことにした。

ちょっと夕飯の場所を探しながら街をぶらぶらする。

12年4月元陽1#.jpg

新街鎮は山の斜面にあって、坂道が多い。

12年4月元陽2#.jpg

村には2、3軒しかボクでも入れそうなレストランはなく、その中で一番きれいな感じの「六軍飯店」に入る。

12年4月六軍飯店1#.jpg

メニューも一応あるけど、基本的には並べられている食材を選ぶ。ボクは結局他のテーブルで人が食べているものを指差して注文した。
なんだかよくわからなかったけど独特な感じがしてたのんだのは、木の皮に生えるコケ(8元)。

12年4月六軍飯店2#.jpg

食べてみて広州や上海で食べたことのあるものだとわかった。微妙な味。
紅豆の料理(8元)。紅豆をこのようにして食べるのはちょっと珍しいけど味はふつう。
野菜のスープ(6元)。ちょっと苦味のある野菜。スープはほとんど味がなくお湯に近いからスープを飲むというより野菜を食べる感じ。
それぞれそこそこおいしいけど、好みとしてはふつうかな。でもここでしか食べられないものなのでそういうところに価値はある。それにしても安い。
帰ってきてから食べたものを調べてみると、雲南料理といっても実は地域や少数民族ごとにいろいろな種類があることがわかった。汽鍋や過橋米線はハニ族の料理で、木の皮に生えるコケや苦菜を食べるのはイ族らしい。

店を出て少し熱が上がってきたみたいなので、薬局で解熱剤を買う。
この村には薬局がけっこう多い。やはり医者が少ないかいないせいか。
解熱剤は11元。しかも1回8〜12錠服用。ちょっと怪しかったけど飲んでみた。
posted by chinausa at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 元陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。