2010年07月03日

西安 2010年6月14日〜16日【2日目 華山へ】

今日は華山に行こうと決めていて朝6時半に起きる。
山に登ったら食べる場所とかないだろうと思ったからまずは腹ごしらえと、「秦豫肉夾【食へんに莫】」へ。

ヌリヤ・ネ竓A<img src=#.jpg" onclick="location.href = 'http://chinausa.seesaa.net/upload/detail/image/8EC78ED88ED48EA58EC8E3EAAF5D923-thumbnail2.jpg.html'; return false;" style="cursor:pointer;" />

ここも大衆点評で高い点数がつけられていた店。
7時開店ということで7時ちょっと過ぎに行くとすでに人が列をなしていた。

ヌリヤ・ネ竓A<img src=2#.jpg" onclick="location.href = 'http://chinausa.seesaa.net/upload/detail/image/8EC78ED88ED48EA58EC8E3EAAF5D9223-thumbnail2.jpg.html'; return false;" style="cursor:pointer;" />

優質の肉夾【食へんに莫】(6元)。1個でお腹いっぱいになる。

ヌリヤ・ネ竓A<img src=3#.jpg" onclick="location.href = 'http://chinausa.seesaa.net/upload/detail/image/8EC78ED88ED48EA58EC8E3EAAF5D9323-thumbnail2.jpg.html'; return false;" style="cursor:pointer;" />

これもおいしいことはおいしいけど、味そのものより珍しいものを食べたという満足感。

西安駅へ。

華山行きのバスは兵馬俑行きのバスの近くから出ていることはきのうチェックした。

きのうの午後とは違い、兵馬俑行きをはじめいろんな観光地に行くバスや人がごちゃごちゃいてちょっと戸惑ったけどなんとか華山行きのバスを見つけて乗り込む。

でもなかなか出発しない。
席が埋まってさらに洗面器をひっくり返したようなプラスチックの椅子を渡されてた人が通路に座っていき、どこにも座るスペースがなくなったところでやっと出発。

料金は片道33元、往復55元。

街を出て畑が広がる田園風景をのんびり眺めていたけど、出発してから2時間を過ぎた頃すごい渋滞に巻き込まれる。

ネAノス、リ4#.jpg

ぜんぜん動かない。
さらにバスは農村に入って細い道を進む。

華山へ2#.jpg

なんでこんな道を通るのか疑問が浮かぶ。華山ほどの観光地ならもっといい道がありそうなものなのに。

ネAノス、リ5#.jpg

時間はすでに3時間を経過。出発するときは華山まで2時間ぐらいだと言ってなかったっけ?でも乗ってしまった以上仕方がない。
さらに時間はどんどん過ぎて4時間半後にやっと到着。9時に出たのに時間はすでに1時半。これでは登山する時間がほとんどない。

それなのに着いたところは食堂でそこで食事をしろと言う。
posted by chinausa at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 西安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。