2010年09月22日

杜拉拉昇職記 GO LALA GO!(2010年)

とき:2010年4月
小説は2007年に出版されて以来、キャリアアップしたい女性たちの間でベストでラー。
外資系の会社のアシスタントとして入社した20代の拉拉(LALA)が上司相手に給料やポジションの交渉を重ねながら厳しい競争をクリアして人事部長まで上りつめていく。今はビジネス書として書店に並ぶほどで帯には「ビルゲイツの言葉より参考になる」と宣伝文句が書かれていた。

ドラマ化もされたけど、今回は映画化された。

杜拉拉昇職記1.jpg
http://hi.baidu.com/janedoudou/album/item/cceb92ced36b8c3992457e83.html

映画はすごくスカッとした気分になれる。喜多嶋隆の小説のような感じ。
シビアな小説とは違い、まったく軽い感じ。だから小説を読んだ女の子たちからは中身がないと不評なのだけれど。
映画では仕事も恋もすべてがとんとん拍子にいくって感じで、困難はあってもそれらはさらっと流されていく。
まさにバブルな気分で楽しめる。

面白いのは拉拉が昇進する度に、年齢と職位と月収が示されること。
この辺が妙に生々しく、中国らしい。

徐静蕾がLALAを演じている。
【関連する記事】
posted by chinausa at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163364823

この記事へのトラックバック