2010年10月30日

雍和宮(北京)

とき:2010年10月

国子監に行ったついでに前から気になっていた雍和宮(北京で最大のチベット仏教の寺院)に行ってみた。

10年10月雍和宮1#.jpg

25元払って中へ。
入ると銀杏並木。まだ黄葉してなかった。

10年10月雍和宮2#.jpg

まあ、言ってみればお寺なんだけど、けっこう広い。いくつものお宮をくぐり抜けていく。

10年10月雍和宮3#.jpg

最初はふつうのお寺という感じだったけど、万福閣の弥勒菩薩は圧巻だった。一本の白檀の木から掘り出された26mの仏様でこれはなかなかすごい。ただ、ギネスブックに登録されているという表示がなんだかなあって思うけど。

10年10月雍和宮4#.jpg

さらにその先にある宮に祀られている仏はちょっと変わっている。仏というより宇宙人。

収蔵品を展示しているところも興味深かった。ひとえに仏様といってもいろいろな神様がいる。

ラマ教の双身像や

10年10月雍和宮5#.jpg

多面多手像、

10年10月雍和宮6#.jpg

それにDharmapalaといった像はとても独特。

10年10月雍和宮7#.jpg

Dharmapalaが持っているのは脳みそ?

曼荼羅もいい。

10年10月雍和宮8#.jpg

またチベットに行きたくなってきた。
【関連する記事】
posted by chinausa at 11:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 北京散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は菩薩が好きなので、
26mの弥勒菩薩、ぜひ見てみたいです。
そのほかの像も、個性的で、興味深いですね。
Posted by ちょっこ at 2010年11月02日 09:30
ちょっこさん、コメントありがとうございます。
この弥勒菩薩はすごいです。
菩薩というより大仏のような感じでお顔は雲の上のような感じです。
それにしても1本の白檀って説明されているけど、
だとするといったい樹齢何千年なんだろうって思ってしまいます。
Posted by chinausa at 2010年11月02日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。