2008年05月25日

新疆への旅(ウルムチからカナスへ) 2007年8月 4.カナスで馬に乗る

カナスの朝は寒い。Tシャツの上に長袖Tシャツを着てもまだ寒く、ジッパーを羽織った。

今日はまず、観魚亭という湖が一望できるビューポイントへ。
そこに行くにはバスを乗り換えないと行けない。
乗り換えのチケット売り場らしきところに行くとうしろから声をかけてくるやつがいた。いかにも怪しげな感じ。こいつにひっかからないようにしないとなあと思いつつチケットを買うとやつがそのチケットをひょいと取り上げてこっちに来いと言う。狐につままれた感じ。
そしてやつが言ったのは、「ここで待ってろ。今、馬を連れてくるから」。

はあぁぁぁぁ? 馬ぁ?
やばい、騙されたか、と思う。でも冷静に考えるとこいつにお金を払ったわけじゃないし、わけがわからない。
でも馬に乗ってみるのもいいかも。

足をかけるところは机ぐらいの高さで助けてもらわないと一人では乗れない。
なんとか馬にまたがっていざ出発。

馬は気持ちがいい。まわりの風景もきれいだし。
ちょっと早足になるとけっこう上下に揺れるけど、ちょっと腰を浮かす感じで乗るとそれほど突き上げがなくて、なかなかいい感じで乗れてるじゃんと自画自賛。

途中でやはり馬に乗った一群に追いついたので、これは騙されたわけではなくてもともとこういう選択肢、つまり馬コースを選んだってことなのかと思い始める。

馬は急な坂を上って行く。スキー場を馬で上がっていく感じ。ちょっとスリルがあるけど、開放的で気持ちがいい。バスは山を迂回しながら登っていくけど馬はまっすぐに山を登っていける。それも自由な感じでなんだか気分がよかった。

284 カナス 観魚亭へ#.jpg

でもそろそろ着いてくれないと体力が持たないなと思った頃、先に着いた観光客たちの声が聞こえてきた。

カナス湖は上から見るほうがずっといい。近くでみるより色がきれいだし、雄大な感じがする。湖の色はところどころ微妙に違う。それに陽がさすと色が変わり、あいにく今日は曇っているけど、遠くの方がすこし霞んで神秘的な感じ。

303 カナス湖#.jpg
posted by chinausa at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 新疆・カナス湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。