2008年05月31日

新疆への旅(ウルムチからカナスへ) 2007年8月 6.外国人が行けない場所

今日は白哈巴という村に行こうと思った。
「俗世を離れた質素な暮らしが保たれている桃源郷」と案内にあった。
入場券を買ってバスで乗り換え地点まで行き、白哈巴行きのバスのチケットを買おうとしたとき、突然、身分証明書を見せろと言われ、外国人は行けないとい言われる。辺境地だから中国人以外は入れないのだと。めちゃめちゃくやしかった。そんなことを予期してなかった。でもどうしようもない。新疆にはまだそんなところがあったのか。

きのう行った神仙湾にまた行く。
そこでいやなものを見た。観光客相手に小ヤギを抱かせて金を取るモンゴル人のガキどもが近づいてきた牛たちに石を投げつけていた。拳ほどの大きな石。「ゴンッ」という鈍い音がした。自分たちの商売の場所を確保するだけのために、なんでそんなことするかな。
田舎は必ずしも純朴な民が住む場所じゃない。美しい風景に隠された貧困の真顔を見た気がした。

ホテルにもどり、夕暮れ、ホテルの前の草原に佇む。

429 カナス ホテル#.jpg

以前は自然の中に身をおいたとき、自分が透明になって風がからだの中を透り抜けていくような感覚を感じることができたのに、最近はそう感じることが難しくなった。いろいろな雑念が淀んでいて風の通りを邪魔している。それに以前は感じられた風の匂いが感じられなくなった。感じるのは牛やヤギの糞の臭いか羊を焼くにおい。
少し寒くなってきた。ホテルにもどる。
posted by chinausa at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 新疆・カナス湖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。