2008年12月07日

ハルピン、内モンゴルの旅(2008年8月)五日目 金帳汗(キプチャク・ハン)

■ 緑、黄色、黄緑色、そして金色

また道なき道を土煙をもうもうとあげながら走り、額爾古納(アルグン)の街へ。

車はカローラ。
去年新疆に行ったとき砂漠地帯を走るからとランドクルーザーを借りたのだけど結局ずっと舗装の道ばかりで四駆を使うことがなかった。
だから今回はセダンでいいやと思ったけど、こんなでこぼこ道を走るはめになるとは。
昨日は走れるか不安になることが何度かあった。天気がよかったから助かったけどぬかるんでいたらほんとにやばかったかもしれない。

このあたりは緑が濃いなと思った。
ハイラルから満洲里に向かう途中は薄茶色や白っぽい緑といった印象だったけど。
でももしかしたらそれは天気のせいかもしれないな。今日は天気が崩れ始めていて雲が多いから。

額爾古納(アルグン)の街を通り過ぎ、やっと舗装の道にもどってハイラルへ。
アルグンからハイラルへ向かう途中、金色の麦畑が目に飛び込んできた。

08年8月弘吉刺部〜金帳汗#.jpg

つづいて菜の花畑や水田。あるところは金色に輝き、あるところは抹茶のような緑色、そのあいだに黄色や黄緑色の畑や草原といった具合に絵の具のパレットを広げているような感じの色とりどりの田園地帯。

08年8月弘吉刺部〜金帳汗2#.jpg

広々とした草原もいいけど、こういうのもいいなと思った。人が生活しているあたたかい感じ。人と自然が調和している感じ。

■ 観光地 金帳汗(キプチャク・ハン)

今回の旅行の一番の目的地、金帳汗(キプチャク・ハン)にやってきた。
あの「中国最美的地方配排行榜(中国の最も美しい場所ランキング)」という本で見た蛇行する川が見られる場所だ。

でも着いて少しがっかり。あまりにも観光地化されすぎていた。
観光バスが何台も来ていて人が多いのは仕方がない。自分だって観光客なのだから。でも不必要な音楽を流すのはやめて欲しい。こういう自然な場所で人工的な音は聞きたくない。

08年8月金帳汗1#.jpg

おまけに雨が降り出してきて気持ちが塞ぐ。

雨宿りのためにレストランへ。ちょうど昼時で人がごったがえしていた。
羊全烤(羊の丸焼き1500元)を食べているテーブルがあっておいしそうだったけどさすがにボクとガイドの二人では食べきれない。

08年8月金帳汗5#.jpg

それで烤羊腿を食べる。烤羊腿は前足と後ろ足で値段が違い後ろ足の方が値段が高い(前足160元、後ろ足180元)。後ろ足の方がおいしいからだという。

このレストランでは注文した際に100元のデポジットをとられた。食い逃げ防止ということらしいけどレストランでデポジットをとられたのは初めての経験。

しばらくすると雨が止み、草原を散策。

人ごみを離れ、喧騒が聞こえなくなると、広い草原は気持ちがよく、気分がよくなってきた。
フホノル草原とはまた違った広さ。どこを見てもずっと平らというのではなく前方には山があって仕切られている。横に長く広がっているのだけど前方が山で仕切られている分、横の広さが際立って感じられる。

08年8月金帳汗2#.jpg

草原があり、そこを川が流れ、向こうには山があり、その上には青い空と雲。なんだか地球の縮図を見ているような錯覚を覚える。

草原の中を湾曲しながら流れる川べりに近づく

08年8月金帳汗3#.jpg

と、カエルが跳ねた。

ボクはカエルが大嫌い。きれいだと思っていた風景が一変する。
きのうは草原を歩くのが楽しくてたまらなかったけど、カエルを見てとたん歩く足が止まった。なるべく草むらに入らないように恐る恐る歩く。

と、また動くものがいた。

今度はウサギ。
20センチくらいの茶色の小さな子ウサギ。すぐに穴に入ってしまってもう出てこなかったけど。でもウサギのおかげでまた歩くのが楽しくなった。

ここは晴れているときに見たかったな。
そしたらもっともっときれいだっただろうと思う。

08年8月金帳汗4#.jpg


■ ガイド夫婦と食事

最後の夜なのでガイドを食事に誘う。まあいつも一緒に食べていたから今日が特別というわけでもなかったけど。
ハイラルにもどっていったんホテルで休んでからロビーに下りていくとガイドの王さんが奥さんを連れてきていた。奥さんもどうぞと誘ったわけではないのでちゃっかりしてるなと思ったけど2人より3人の方がいろいろ料理を食べられるのでボクとしては歓迎。(とにかく1品の量が多いから2人だと2品ぐらいしか頼めない)

今日は韓国式焼肉。今まで食べなかった豚肉も注文。これがまためちゃめちゃおいしかった。とにかくモンゴルは肉がおいしい。

08年8月海拉尔焼肉#.jpg

posted by chinausa at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ハルピン・内モンゴル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。