2009年05月16日

厦門(アモイ)・福建土楼 2009年4月6日

【3日目 南普陀寺】

南普陀寺へもホテルから歩いて行けそうだったので街を見ながらてくてく歩いた。

目的地を決めてそこだけを見るのはつまらない。知らない場所を歩いて街の感じを体感したり観光案内には載っていない何かを発見したり、そんなことが面白い。
たとえば、路面電車(?)の轍だったり、昔の風情を残す建物だったり、ふと垣間見る美しい風景だったり。

09年4月アモイ463ホテルから南普陀寺へ#.jpg

そうこうしているうちに南普陀寺に到着。

門の前に手足のない乞食たちがいて朝からちょっと嫌な気分になる。金を稼ぐために自分で手足を切断するといった話を思い出すから素直に彼らを哀れむ気持ちにはなれない。

入場料は意外に安くて3元。しかもただで線香をくれる。

09年4月アモイ472南普陀寺#.jpg

寺の裏は山になっていて、お寺に来たつもりがいつのまにかハイキングになっていた。

09年4月アモイ491南普陀寺#.jpg

途中、無数の仏が置かれている場所があった。

09年4月アモイ492南普陀寺#.jpg

登りはかなりきつくて息も絶え絶え、膝もがくがくし始めてもう登るのは諦めようかと思った頃にようやく五老峰の頂上に着く。

頂上に着く手前の見晴らし台からの景色が絶景。

09年4月アモイ500南普陀寺#.jpg

手前の山とその下の街、その先の海と島が一望できてまさに世界を見渡す感じ。

山を降りてきて、朝、寺に行く途中で見つけたひなびた感じの「文心閣」というお茶屋に入る。

09年4月アモイ510#.jpg

アモイではやはりお茶がいい。半分屋外の席に座って高山鉄観音(50元)を楽しんでいるとここにも猫がやってきた。

09年4月アモイ509#.jpg

お昼はアモイ名物の「沙茶面」(ピーナツの入った汁麺)を食べる。

鎮邦路の有名な「月華沙茶面」を探したけど鎮邦路78号という場所に店はなかった。
なくなってしまったのかな?
それで新華路の「麗華沙茶面」で食べた。

09年4月アモイ511#.jpg

中に入れる具を選んでたのむシステムで豚のレバーと目玉焼きをトッピング。5.5元。
独特な味で食べているときはおいしかったけどなぜか後味が悪かった。


【3日目 白鷺洲公園】

夕方の飛行機までまだ時間があったからきのうの夜に行った湖畔にまた行ってみた。
白鷺洲公園をゆっくり散歩。この公園はなかなか気持ちがいい。

撮影広場5号楼のカフェに入ってひと休み。

09年4月アモイ524撮影広場5号館#.jpg

そういえば、アモイにはスタバがないな。
ピザハットや上島珈琲はあるけど、スタバは歩いた範囲にはなかった。これだけ観光地化されている場所なのにちょっと意外。コンビニもないしまだ都市化がすすんでいないんだな。

空港に向かわなくてはならない時間が近づき、橋の上から湖を渡っていく舟を見ながらアモイの印象に浸った。

09年4月アモイ533#.jpg
posted by chinausa at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 厦門・福建土楼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/295436514

この記事へのトラックバック