2009年07月26日

西藏(チベット)へ (2005年8月) 2日目 ポタラ宮、ジョカン

【布达拉宫(ポタラ宮)、大昭寺(ジョカン)、八角街(バルコル)】

翌朝、ポタラ宮へ。

004ポタラ宮#.jpg

チベットといえば必ず出てくる象徴的な建物だ。
入場制限をしていて特に夏の観光シーズンは入場券を入手するのが大変らしい。
ボクらはガイドが手配してくれたからなんとか入れたけど。
ポタラ宮は山の上に建っていて、けっこう坂道を上がっていかないとたどり着けない。

005ポタラ宮#.jpg

頭痛は相変わらずで少し慣れてきたものの坂道はかなりつらかった。

006ポタラ宮#.jpg

ポタラ宮は迫力がある。

007ポタラ宮#.jpg

オーラを放っているっていうか、白い壁と独特のチベット文様のせいか、ふつうの寺とかと圧倒的に違う感じがした。
ふだん寺とか見ても、あまり感慨はなくてふ〜んっていう感じだけど、ポタラ宮は特別な感じがした。

高尚な感じの後になんだけど、トイレはドアもなくふつうの部屋に便器が2つあって2人が向かい合ってするというもの。
さすがに都会ではこういうのはなくなった。
話には聞いていたけど、実際に見るとちょっとカルチャーショック。
ポタラ宮の中はトイレ以外あまり覚えていない。

ポタラ宮の後は、ジョカンへ。

008バルコン#.jpg

寺の前は五体投地をする巡礼者で溢れているようなことがガイドブックに書いてあったけど、実際にはそれほど多くなかった。
観光シーズンだったからかもしれないけど。

009ジョカン#.jpg

ジョカンの中はたくさんの仏像があってそれらはとても独特。
表情もそうだけど、日本でよく見る仏像とはかなり違う。
特に男女が抱擁している仏像(歓喜仏)は頭に焼きついた。
事前にほとんど何も勉強していなかったからここにきて初めてそういうものがあることを知った。
このジョカンの中で見るとすごく神聖な感じがする。

ジョカンの中の土産物屋で数珠を買ったけど、どうもまがいものっぽかった。
50元だし。
それでもジョカンで買ったということで帰ってきてからも紐が切れるまでつけていた。

010ジョカン#.jpg

011ジョカン#.jpg

ジョカンを見た後、バルコル(八角街)をぶらぶらする。

012八角街#.jpg

バルコルは巡礼の道になっていて時計回りに歩く。
道端は土産物屋を中心に庶民の生活を支える店もあってにぎやかな通りだ。
曼荼羅には興味があったけどどれも高くて買えない。

013八角街#.jpg
posted by chinausa at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | チベット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/295436525

この記事へのトラックバック