2009年08月29日

西藏(チベット)へ (2005年8月) 4日目 ヤムドゥク湖

【羊卓雍湖(ヤムドゥク湖)】

4日目はラサの南に位置するヤムドゥク湖へ。
きのう行ったナムツォとは反対方向だ。
ヤムドゥク湖は標高4440m、チベットの魂が宿っているといわれるチベット4大聖湖の1つ。

今日は朝から雲が垂れ込めていてすっきりしない天気。
外を見ても雲が山の中腹まで下りてきているので景色がはっきりしない。

しばらく走ると車は山を登り始め、途中深く岩が削りとられた峡谷のような場所が見えた。

023カンパ峠に向かう途中#.jpg

標高4749mのカンパ・ラ(カンパ峠)に着く。
雲が蒸気のように下から上がってくる感じで、ボクらがいかに高い場所にいるのかを感じさせた。

024カンバ峠#.jpg

カンパ峠はヤムドゥク湖を一望できるビューポイント。
すでにたくさんの観光客が来ていた。

025カンパ峠#.jpg

水の青がきれい。「トルコ石の湖」と言われるだけある。

026カンバ峠#.jpg

曇っていてもこれだけきれいなのだから晴れていたらどんなにきれいなことかと思う。

聖地でもあり、タルチョがはためいていた。

027カンバ峠#.jpg

そこから湖に向かって下っていく。

028ヤムドゥク湖のあたり#.jpg

029ヤムドゥク湖のあたり#.jpg

途中の街で昼食。

030ヤムドゥク湖のあたり#.jpg

子供たちがビリヤードに興じているのが珍しくてカメラを向けるとみんな撮られまいと逃げまどった。

031ヤムドゥク湖のあたり-10カメラから逃げる子供#.jpg

魂を取られてしまうと思われたのだろうか?

カロー・ラ(カロー峠)へ。 
7000m級の山々にある万年氷河が見られる。

032カロー峠#.jpg

標高5,045mということもあるけど、雨がぱらついていて風も強く持ってきたフリースを着こんでもかなり寒かった。

033カロー峠#.jpg

ここにも観光客相手に写真を撮らせて金をせびる子供がいた。

034カロー峠#.jpg

折り返してラサへ。

途中、ヤムドゥク湖のほとり。
この頃少し青空が広がってきて、青い空を背景に湖はものすごく美しく見えた。

035カロー峠からの帰りヤムドゥク湖#.jpg

posted by chinausa at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | チベット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。