2012年11月10日

杨丽萍 「孔雀」

2012年11月

12年11月孔雀#.jpg

すごいものを見た。
よかったとかそういう鑑賞なんかのレベルを超えて、人はここまでできるのかと思った。
あの腕の動きはとても人間業とは思えない。
ビデオで見たことはあったけど、本物の迫力はぜんぜん違う。
第一幕「春」の中で杨丽萍が一人で舞う場面は美しすぎて何も考えられなくなる。
そんな経験は初めてだ。
こんな人はもう現れないだろうな。他の人の動きを見てもやっぱり人の動きだと思うから。
カーテンコールでは妖精に見えた。

もう一人人間業ではないと思う人がいた。舞台が始まってから終わるまで2時間ずっと廻り続けた「時間」役の子(彩旗)。あんなに廻って頭がおかしくならないのかと思った。
カーテンコールではこの子も喝采を受けていた。

杨丽萍を見られるのはたぶんこの公演が最後かもしれない。
ずっと見たいと思っていてなかなか機会が巡って来ず、でも最後に見られて本当によかった。
posted by chinausa at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
杨丽萍、ご覧になられましたか。
彼女のお弟子さんの舞台は昆明で見ることが出来ました。
私は杨丽萍自身の舞台は見たことが無いので完成度の差は分からないのですが、この舞台が引き継がれていくことを希望します。杨丽萍も54歳ですので。
Posted by ムーゾン at 2012年11月15日 13:00
この公演のことをムーゾンさんに教えていただいてホントによかったです。ありがとうございました。
また昆明に行くことがあったらお弟子さんのも見てみたいと思いますが、この公演の中でも楊麗萍と他の人の動きはまるで違ったから、こういう人をホントに不世出っていうんだろうなと思いました。
Posted by ムーゾンさんへ chinausa at 2012年11月19日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック