2013年12月01日

2013年4月5日〜7日 婺源旅行【3日目 婺源→景徳鎮→上海】


今日は景徳鎮に行って、夜、上海にもどる予定。
とりあえず、景徳鎮行きのバスターミナルまで行く。
事前に調べた情報では、バスは北站か西站から出ているということだったので、どちらに行ったらいいかホテルで聞いてみたら、今はどちらの駅もなくて、新汽站というところから出ているということだった。聞いてよかった。ネットの情報は必ずしも最新じゃない。

ホテルでタクシーをたのんでもらって行く。さすがホテルでたのんでくれただけあってちゃんとメーターで行ってくれた。21元。高いホテルに泊まってよかったとちょっと思った。

景徳鎮行きのバスは朝6:30から夕方16:30までほぼ1時間おきにでていた。
来るときは高速で来たからあまり景色を楽しむ感じじゃなかったけど、バスは下道を通っていくから、白い江西の家々が見えてよかった。

1時間半ぐらいで景徳鎮のバスターミナルに着く。東站とあってそこで降りていいものかと思ったけど、みんな降りるしどうやら終点らしいから、降りた。

婺源とは違ってけっこうタクシーが走っていた。ただ、どのタクシーもメーターを倒していないので、みんな空車に見えたけど人が乗っていた。

タクシーを拾ってとりあえず、瓷器(磁器)の博物館にでも行こうと告げると、どの博物館かと聞かれる。どうやら博物館はあちこちにあるらしい。中には博物館という名のマーケットだったりするものも。

よくわからないので、持っていた地図にチェックしてあったところに行ってもらう。
景徳鎮の街は古い街から新しい街に変わりつつある感じで、やたらだたっ広い道路が通っていてそのまわりは何もない。

婺源1253#.jpg

最初に行ってもらった新しい博物館はまわりになにもなくてここで降ろされたらタクシーが捕まるか心配だったけど、まだオープンしていないみたいだったから、他に行ってもらう。

次に連れて行ってもらったところは繁華街っぽいところで、小さな博物館だった。時代順に瓷器(磁器)が展示されていてわかりやすかった。

婺源1254#.jpg

30分もしないうちに見終わってしまって、タクシーを拾って空港へ。60元と言われた。

何もない空港でひたすら待って、搭乗。
posted by chinausa at 11:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 婺源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
chinausa様

はじめまして。上海在住の者です。
現代美術に興味があって特にアート関連の
記事を楽しく拝読させて頂きました。
まだまだ勉強不足の身としましては、
参考になる記事も多かったです。
そのことをお伝えしたくコメントさせて頂きました。

最近更新が無いのでご帰国されているのでしょうか?
とても残念ですが、非常に楽しいブログでした。


Posted by 小野翼 at 2014年06月19日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381622986

この記事へのトラックバック