2014年09月20日

2013年9月19日〜22日 昆明・麗江【4日目 丽江古城】

朝ご飯を食べに昨日見かけた小吃を売っている店が並んでいる広場へ。8時半だったからまだほとんどの店は開いてなかったけど、小吃を売っている店はやっていた。

13年9月麗江26_麗江古城#.jpg

大刀肉(瓜のベーコン巻き 10元)と蜗旋巻(5元)。
ベーコン巻きはなかなかおいしかった。蜗旋巻は甘い餅であまり美味しくない。別の店で黒山羊とキノコのスープ(10元)を買う。これはまあまあ。

13年9月麗江27_麗江古城#.jpg

古城を上から眺めようと思って高台の万古楼へ。
でも、入場料50元は高いと思って、近くの 第一观景へ。ここはカフェなんだけど、5元払えば眺望が見られる。

13年9月麗江28_麗江古城_第一观景#.jpg

朝、雨が降ったみたいで石の道が濡れていた。古城の中はけっこう坂道が多くて万古楼からもどる途中、足をすべらせてころびそうになった。

13年9月麗江28_麗江古城#.jpg

街をぶらぶらしてちょっと小腹が空いたので、また小吃を売っている店が並んでいる広場で炒米线(10元)と牦牛酸奶(ヤクの乳のヨーグルト 6元)を買う。炒米线はお祭りの焼きそばみたいな感じで美味しい。

13年9月麗江31_麗江古城#.jpg

牦牛酸奶は懐かしい味。路で売っていたケーキみたいな小吃(5元)も食べてみたけど、これは美味しくなかった。

13年9月麗江29_麗江古城#.jpg

昼はまた万古楼の方へ行って、东巴观景台というカフェへ。プーアール紅茶(68元)。お茶は高いけど眺めはいい。

13年9月麗江30_麗江古城#.jpg

残念ながら玉龙雪山は雲がかかっていて見えないけど、風が吹いてきて気持ちがいい。昼時なのに空いていて古城が一望できるバー台をほとんど独り占めだし、昼も生の弾き語りをやっていてリラックスできる。
山や屋根に陽があたったり陰ったりして変化する様子をぼんやり眺めながら、おこがましくも刻々と変化する光の連作を描いたモネに自分をなぞらえる。

13年9月麗江32_麗江古城#.jpg

昼は牦牛を食べようと思って昨日通ったときに気になった阿牦烧肉へ。

13年9月麗江33_麗江古城#.jpg

2階にある店で、階段を上がると不自然にきれいな感じでちょっと失敗したかと思った。藏式牛肉(48元)。牦牛の料理はこれしかないと言う。筍と牦牛肉の煮込み。うん、牦牛だな、という味。ぐにゃぐにゃした食感だけど、柔らかく煮込んであってまあまあ美味しい。

店を出てから少しぶらぶら歩くとベルリンカフェという店から女性の弾き語りが聞こえてきて、すごく気になったけど、飛行場に向かう時間に間に合わなくなるので諦めた。

天気はすこぶるよくなって、古城の中は一層美しく見えた。

13年9月麗江34_麗江古城#.jpg

宿にもどろうとしてまた道に迷う。1日2回は迷ってしまう。

飛行場へは車を予約してもらった。80元だけど30km近くあるからめちゃくちゃ高いというわけでもないし、確実で心配がないのがいい。と思ったけど、そこで迎えに行くと言われたクラウンプラザの入り口に行くと時間になっても車が来なくて電話しなくてはいけなかったし、その後すぐに来たけど、走り出したらと思ったらいきなりガソリンスタンドに寄るし、めちゃくちゃ不安になった。その後は順調で何も心配することはなかったけど。車はなぜかSUVだった。
昆明乗り換えで乗り換え時間が1時間半しかなくて丽江じゃらの飛行機が遅れたらアウトだったけど、オンタイムに着いて昆明でのトランスファーもスムースにできた。

昆明の空港で、来たときに入ったカフェは高かったから、スタバが進出してきて以来見ることが少なくなったチェーン店のSPRコーヒーに入ったけど、空港価格でアメリカンが48元もした。
そして上海へ。
posted by chinausa at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 昆明・麗江 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年9月19日〜22日 昆明・麗江【3日目 丽江 玉龙雪山】

玉龙雪山へ。

包车の運転手兼ガイドは女性だった。ビジターセンターまでの送り迎えかと思ったら、いろいろしてくれた。途中、彼女の知り合いの店で酸素ボンベを買う、100元。けっこうしたけど、まあいいか。防寒具(ダウンジャケット)もすすめられたけど、一応パーカーを着込んできたし、それは要らないと断った。
ビジターセンターには8時半頃着いた。

張芸謀が演出した「印象丽江」をやっているので、それを見ようと思った。「印象〜」は自然の風景を取り込んだ大規模なショーで、桂林近くの阳朔の「印象刘三姐」が有名。

開演は11時からなので、先に藍月谷に行くのがいいということで、藍月谷行きのバスの乗り場まで連れて行ってくれて観光用の電気自動車の乗り換えも教えてくれた。

藍月谷は最初に降ろされたところはまあこんなものかなっていう感じだったけど、橋を越えて藍月湖の方に歩いて行くとすごくきれいだった。「印象丽江」の時間があるのであまりゆっくりできなかったのが残念。30分ぐらいしかいられなかった。

13年9月麗江16_麗江古城_蓝月湖#.jpg

ビジターセンターにもどると「印象丽江」のチケット(190元)がもう手配されていて、別のガイドを紹介されてその人について入れるように言われた。席の番号とか言われなかったから適当な席に座る。「印象丽江」は1時間ほどのマスゲームみたいなもので、ちょっと期待はずれ。天気がよくて山が見えていたらまた印象が違ったかもしれないけど、曇っていて背景は何も見えなかったから、ただ屋外のスタジアムで少数民族や農民がぞろぞろ歩くのを見るだけで、演技や歌がうまいわけでもなく、退屈だった。

13年9月麗江17_麗江古城_印象麗江#.jpg

出て来ると、運転手兼ガイドが待っていて山に登るロープウェイのチケット(180元)を買ってくれて、至れり尽くせり。さすがにそこから先はいってらっしゃいだったけど。ビジターセンターからロープウェイの乗り場までバスに乗って行く。バスもロープウェイもぜんぜん混んでいなかった。ロープウェイは一気に1000mぐらい上がるから高いところが苦手なボクは怖かった。上の方に行くと雲で1m先も見えないくらい、あいにくの天気でパノラマは見えなかったけど、仕方がない。ここに来るベストシーズンはやっぱり冬なのかな。

13年9月麗江18_麗江古城#.jpg

ロープウェイを降りたら高度の関係でちょっとふらっとした。そこから階段で4680mまで上がるのだけどこれがきつかった。

13年9月麗江19_麗江古城#.jpg

酸素ボンベを使いながら休み休み上がったけど、特に最後の階段がきつかった。でも階段を上がって上に行けば氷河が見られるから上がる価値はある。

13年9月麗江20_麗江古城#.jpg

上は思ったより寒くなくてやっぱりダウンジャケットは要らなかった。10度くらいあったんじゃないかな。息をきらしながら上ってきたし、なかなか見られない風景だから1時間ぐらい山を眺めていた。

13年9月麗江21_麗江古城#.jpg

そして霧の中をロープウェイの乗り場まで。

13年9月麗江22_麗江古城#.jpg

ビジターセンターに戻ってくると運転手兼ガイドが待っていて宿に。ほぼ半日つきあってくれて150元は安いなと思った。

夕飯は宿の人に聞いて、宿の近くの「心圆小吃」という店に行ったのだけど、ここがすごくよかった。大衆点評の評価は特に地方ではあまり当てにならないなと思った。昨日食べなかった焼魚(28元)を食べたのだけど、これがめちゃ美味しかった。豆腐のスープ(15元)もいい味。

13年9月麗江23_麗江古城_心圆小吃#.jpg

それからまた古城の中をぶらぶら歩く。 「优雅时光咖啡」というカフェを発見。なかなかいい感じだった。アメリカン28元。

13年9月麗江24_麗江古城_优雅时光咖啡.jpg

夜、昨日いい感じの歌が聞こえてきた「遥望」(新华街黄山上段)へ。风花雪月という大理のビール(38元)を飲む。客はまたボク一人。けっこう好きな感じの歌を歌っていたので、CDを買おうと思ったら、1枚いくらって書いて売っているのにCDが見当たらなくて買えなかった。商売っ気がない。また、酒吧をはしごして近くの「观景楼茶餐厅」へ。ここでは云南咖啡を。60元もしたのに美味しくなかった。でも眺めはすごくよかった。ライブもなかなかよかったし。ここはけっこうお客さんが入っていた。眺望がいいからかな。

13年9月麗江25_麗江古城#.jpg
posted by chinausa at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 昆明・麗江 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年9月19日〜22日 昆明・麗江【2日目 丽江】

天気予報では雨だったけど、曇り。雨が降らなくてよかった。

タクシーは怪しい感じだったからバスで市内へ。市内へは30kmほど離れていて45分ぐらいかかった。宿は古城の中の「丽人居客栈」を予約していて、バス停から古城までは1kmぐらいと案内があったから歩いたのだけど、迷った。途中で道を聞いても適当なことを言われてぐるぐる。まあ、ボクの聞き方もわるかったのだけど。とりあえず古城はどこ?って聞けばよかったのに、宿がある七一街はどこ?って聞いたのだから。それじゃあ答えられるわけがないと後からわかった。

古城の中は端から端まで歩ける距離なのに本当にわかりにくい。地図を持っていなかったので迷いに迷う。古城の中に入ってさえ、七一街の場所を聞いてもとりあえず前にすすめばいいなどと言われるし。七一街にたどり着くのに30分ぐらい迷った。七一街まで来ても、宿の番地が見つけられなくてさらに30分ぐらい迷って、結局、宿に電話して迎えに来てもらった。

13年9月麗江9_麗江古城_丽人居客栈#.jpg

宿は思ったよりずっときれいでいい雰囲気だった。宿の人も若くて親切だったし、c-tripで選んだのだけど、この宿にしてよかった。

13年9月麗江10_麗江古城_丽人居客栈#.jpg

荷物を置いて夕飯を食べに。大衆点評でチェックした「阿妈意纳西美食」へ。

13年9月麗江11_麗江古城_阿妈意纳西美食#.jpg

纳西族の料理らしい。松茸のシーズンだということでたのんだベーコンと松茸の料理(58元)がおいしかった。

夕飯を食べてから古城の中をぶらぶら。

13年9月麗江12_麗江古城#.jpg

宿で地図をもらったので、やっと自分がどこにいるのかわかるようになった。それでもわかりにくいけど。古城の中は観光地化されていて、土産物の店が軒を連ねているけど、どこにでもある土産物やキャラクターものを売っているような店じゃなくて、楽器やヤクの肉や銀、翡翠など丽江にゆかりのある土産物の店ばかりなのでいい感じがした。飲食店もチェーン店とかはなくて、KFCさえ見たらなかったのは都会を離れた気分になってよかった。

楽器店からは音楽が流れていて、それに合わせて店員がボンゴみたいな楽器を叩いていた。その音楽がだいたい「丽江小倩」の「一瞬间」。なかなかいい曲だったのでCDを買う。一枚10〜15元。

13年9月麗江13_麗江古城#.jpg

古城の中はたくさんの酒吧(カフェ・バー)があって、そこではたいていライブパフォーマンスをやっていた。その中の1軒「歌璐」に入ってみたけど、なかなかよかった。客はほとんどボクしかいなかったけど。

13年9月麗江14_麗江古城_歌璐#.jpg

川沿いの酒吧でもライブパフォーマンスをやっていて人がたくさん入っていたけど、派手でうるさくてクラブに近い感じ。客引きもしていたし。そういう感じも嫌いじゃないけど、丽江ではいいや。

13年9月麗江14_麗江古城#.jpg

せっかくなので、酒吧をはしご。「艾啡斯」だったかな?ここの女の子はすごく歌がうまかった。ジントニック50元。

宿に帰ってきて、明日の玉龙雪山行きを相談。もう夜の11時を回っていたからツアーはいっぱいで、包车(貸し切りのバン)をたのんでくれた。150元で行ってくれるらしい。それにしても夜の11時過ぎに翌日のツアーをたのむ自分も横暴だけど、それにちゃんと対応してくれる宿の子はありがたい。
posted by chinausa at 11:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 昆明・麗江 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。