2010年08月28日

文廟路(上海)

とき:2010年3月

ここはさしずめ上海のオタク通りといったところか。
豫園のある旧城内の古い街並みが残るエリア。孔子を祀った文廟がある通り。
前は海賊版DVDを売る店が並んでいたらしい。

「粉絲堂」という韓流の店。粉絲はファンという意味。

10年3月文廟路1#.jpg

そのものズバリ、OTAKUの店。動漫はアニメのこと。

10年3月文廟路3#.jpg

アニメのカードとか、フィギュアとか、そういったものを売っている店がずらりと軒をならべていて、日本語標記も目立つ。

10年3月文廟路4#.jpg
↑店の前に貼られていた。

10年3月文廟路5#.jpg
↑一体200元(3000円)〜400元(6000円)。けっこう高い。

若い子たちがたくさん来ている。

10年3月文廟路2#.jpg

「無痛穿耳(無痛でピアスの穴あけます)」と書いてある店がたくさんあった。
posted by chinausa at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

ペニンシュラホテル 5月午後4時 上海

街を歩いていてふとした光景が心を捉える。
あとからそれを思い出せるように、写真を撮る。
もっとクオリティの高い写真が摂れればいいのだけれど。
この日は窓から差し込む光がすごくきれいだった。

10年5月上海ペニンシュラホテル#.jpg
posted by chinausa at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

七宝古鎮(上海)

とき:2010年4月

地下鉄で行ける水郷の街。

写真で見るとなかなかよさげで、天気のいい日にふらっと行ってみた。

10年4月上海七宝古鎮3#.jpg

地下鉄9号線で七宝駅まで徐家匯から20分ぐらい。
2号出口から出て少し右に行くと大きな看板がすぐに見つかった。
観光チケットを売っているのだけれど街を歩くだけならただ。買う必要はない。

観光エリアは車を規制しているのだけれど、2輪車はどんどん入ってくるので、
のんびり歩く感じじゃない。
どうせなら、2輪車も規制すればいいのに。

しばらく進んでいくと「七宝老街」の大きな門がある。

10年4月上海七宝古鎮12#.jpg

北大街という細い通りを抜けて水路にたどり着くのだけれど、その通りは人で埋め尽くされていた。

10年上海七宝古鎮#1.jpg

両側は土産物屋ばかり。
静かな水郷の街を期待していたので、現実にちょっと萎える。
のんびり舟にでも乗ろうかと思ったけどそんな気はなくなってしまった。

ものすごく人がいる橋を渡ると南大街。
ここは、いろんな小吃が売っていて、ある意味ここが一番楽しかった。

豚の鼻だけとか、

10年4月上海七宝古鎮10#.jpg

叫化鶏(こじき鶏)とか、

10年4月上海七宝古鎮5#.jpg

化け物のようにデカイ菠蘿蜜(パイナップルじゃないよな)とかいろいろなものが売っている。

10年4月上海七宝古鎮8#.jpg

羊の白切肉も売っていたけど、この羊というのはどうも日本の羊とは違うようだ。
かねてから中国で羊と言っているのは山羊のことが多いんじゃないかって思っているけど、
この写真も山羊に見える

10年4月上海七宝古鎮9#.jpg

橋の上から街を眺めると、いい感じなのだけどなあ。

10年4月上海七宝古鎮6#.jpg

まわりを見渡すと、人、人、人。

10年4月上海七宝古鎮7#.jpg

観光エリアを出るとふつうの街がある。

10年4月上海七宝古鎮11#.jpg

でもそこもどんどん壊されていて、無味乾燥な建物に取って代えられつつある。

10年4月上海七宝古鎮4#.jpg

古鎮という名のテーマパーク。
ラベル:上海 古鎮
posted by chinausa at 11:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 上海散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。