2008年06月14日

5.蔡依林(ジョリン・ツァイ)「LOVE LOVE LOVE」(2004年)

http://www.youtube.com/watch?v=3Cx1w02KMzU 新しい土地に来たばかりの頃、よくこの曲を耳にした。 スタバのコーヒーを買いに行くショッピングモールで毎日のようにかかっていて、 慣れない土地で少しばかりの不安と期待を感じていたボクはこの曲に合わせて歩いているうちに、なんとなくしっくりしたものが感じられるようになっていったように思う。 ミディアムテンポではっきりしたリズムが刻まれ、歌詞は明るくて。 「私の心 LOVE LOVE LOVE.。世界中 LOVE LOVE LOVE。」 ウクライナの女性ボーカルグループNu VirgosのStop! Stop! Stop! が原曲みたいだけど、Jolinの方がぜんぜんいい。 蔡依林は今や大御所。 好きな曲もたくさんある。 「Don’t Stop」(2000年)は初々しくて元気いっぱいな感じだし、 「Baby Face」(2000年)は曲名の通り幼さと大人っぽさが入り混じった感じ。 転機になったアルバム「看我72変」(2003年)の中の曲はどれも好き。特に「布拉格広場」。周杰倫とのラップかけあいがかっこいい! 最近では「日不落」(2007年)がすごくノリがよくて思わず歌いだしたくなる。
posted by chinausa at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | C-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4.許哲珮(ペギー・シュー)「気球」(2003年)

http://www.youtube.com/watch?v=q0W4bOap3fk&feature=related C-POP 10年 ベスト100曲を選ぶ試み。(順番は思いついた順) 最近の歌を選ぼうと思うのに、どうも古い歌ばかり思い浮かぶ。 「黒的白的紅的黄的紫的緑的藍的灰的…」という歌詞とふわふわしたメロディーが一度聴いたら耳から離れない不思議な感じ。どこかセンチメンタルでどこかやさしくてどこかなつかしい。
posted by chinausa at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | C-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

3.成龍(ジャッキー・チェン)/金喜善 「美麗的神話」(2005年)

映画の挿入歌といえば、「神話」の挿入曲のこの曲もいい。 http://www.youtube.com/watch?v=GKEXU6U0Djc&feature=related どちらかというと映画が好きだからこの曲がいいと思うのかな? 孫楠/韓紅のバージョン(美麗的神話II)もあるけどそっちはふつうだからなあ。 映画は秦の時代の姫(金喜善)と彼女に引き寄せられていく現代の考古学者ジャック(ジャッキー・チェン)、姫が恋した将軍(同)との2200年の時を超えた壮大なロマン。武侠ものとインディジョーンズ的要素が加わって一大スペクタクルに仕上がっている。 この映画に出てくる金喜善がめちゃめちゃきれい。
posted by chinausa at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | C-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。