2010年07月25日

九寨溝 2005年5月2日〜5日【1日目 九寨溝へ】

上海の空港でふと手にとった写真集に魅せられて九寨溝はいつか行きたい場所の筆頭にリストアップされたのだけれど、当時(2000年)はまだ空港もなく、行くのにはかなり不便なところだった。

それが2003年に空港が建設され、シェラトンホテルもできて、いよいよ行きたくなってきた。

それで、2005年の労働節の休みに上海から向かった。
“「黄山」を見ればもう山は見なくていい、「九寨溝」を見ればもう水は見なくていい。”そんな言葉だったか記憶がぼんやりしているけど、そんな言葉を思い出しながら。

【1日目 九寨溝へ】
上海から成都まで行き、乗り換えて九寨溝へ。
上海からの飛行機は新しいターミナルに着いたのだけれど、九寨溝行きの飛行機は古い小さなターミナルから出ていた。それがわからなくてうろうろ。
九寨溝行きの飛行機は天候のせいで遅れていて、いつ出発するかわからない。案内は中国語だしちょっと不安になりながら待つこと1時間、いや、2時間ほど待たされたかな。
やっと飛び立って1時間ほどで九寨溝の空港に到着。

九寨溝の空港はかなり標高が高いところにあるのだけれど、あまりそうは感じなかった。
飛行機が遅れたので時間はすでに夜の9時。
とりあえずタクシーをつかまえてホテルへ。300元と言われたけど、バスは混雑してて、早くホテルで休みたかったし。

それにしても、空港からホテルまで、こんなに遠いとは思わなかった。あとで調べると100キロぐらい。
夜だし、雨が降っていて、外灯などない真っ暗な山道をいつ着くともわからず走っていく。
不安にかられながらも座っているしかなかった。何より霧が出ていて前がほとんど見えない曲がりくねった道をかなりのスピードで走っていくのが怖かった。

05年5月九寨溝1#.jpg
↑翌日の朝シェラトンホテル
posted by chinausa at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 九寨溝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする