2014年08月23日

2013年9月19日〜22日 昆明・麗江 【2日目 昆明】

丽江行きの飛行機は午後発だったから、午前中は街をぶらぶら。

前回来たとき行けなかった「会呼吸咖啡屋」に行こうと思ったんだけど、そこよりも同じフロアにあったcaffe beneの方がいい感じだったので、そこに入った。
韓国系っぽい感じで、なかなか雰囲気がよかった。

13年9月麗江4_bene#.jpg

昼は傣族の料理が食べたいと思って、大衆点評で評価が高かった「多哥水傣味餐厅」へ。

13年9月麗江5_多哥水傣味餐厅#.jpg

料理の味はふつう。2003年に初めて昆明に来たとき感動的においしかった「老知青食馆」の味には今回も出会えなかった。ボクの中で昆明は食事があまりおいしくない街になりつつある。

空港に行くタクシーはなかなかつかまらなかった。
最初は拒否され、次とその次は120元なら行くと言われ、4台目でやっとふつうに行ってくれるタクシーに当たった。新しい空港になってちょっと不便になった。

空港で云南小粒コーヒーを飲む。68元。バカ高い。なぜか日本のJ POPが流れていた。
posted by chinausa at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 昆明・麗江 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年9月19日〜22日 昆明・麗江 【1日目 昆明】

曇り。気温は20度くらいか、涼しくて気持ちがいい。

新しい空港はやたら広くて出るまでにかなり歩かなければならなかった。タクシーは並ばずに乗れた。初乗りは8元+2元。
車は小さくて狭いけど、ちゃんとメーターを倒してくれるのがいい。地方に行くとメーターを倒さなくてふっかけてくるところが多いからそれだけで疲れてしまう。
空港からホテルまで30分ほど。思ったより近かった。70元+高速代10元。

夕方ホテルに着くと、ちょうど中秋節だったからホテルが月餅をくれたのだけど、これがすごい立派な箱に陶磁の器も入っていたりして6個入りだったかな、どうしようっていう感じ。

飛行機が遅れなかったら「云南映象」を見たいと思っていたから、部屋に荷物を置いてすぐに劇場へ。

13年9月麗江1#.jpg

窓口で当日券を買う。席はけっこう余っていて前の方の真ん中の席がとれた。

ショーが始まるまで少し時間があったから、劇場の隣のレストラン「銀生食府」で夕飯。テラス席がよかったけどいっぱいだった。

13年9月麗江2_銀生食府#.jpg

「云南映象」は思ったより楽しかった。

13年9月麗江3_雲南映像#.jpg

地方でよく出くわすレベルの低い民族舞踊のショーとは違い、世界に通用するレベルだと思う。ただ、孔雀の霊は杨丽萍を見てしまうと、やっぱり動きは違うから改めて杨丽萍は凄いと思う。でも最後の方で後ろ向きに肩を震わせる動きは杨丽萍のそれに重なって涙が出た。
posted by chinausa at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 昆明・麗江 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

趙爾俊 「黒白之間」展

赵尔俊
とき:2012年12月15日
場所:上海美術館
会期:2012年12月8日〜16日
この人の絵は2年前(2010年)のShanghai Art Fairで初めて見て心を掴まれた。そして今年のShanghai Art Fairでも見て、やっぱりいいなと思い、今回は上海美術館で作品をまとめてみることができた。
この人の絵画は文字通り白黒のグラデーションで描かれているのだけど、そのせいか神秘的な感じがして、不可思議な人の動きや表情から想像力をかきたてられ、ぞくぞくする。

赵尔俊1#.jpg

ずっと見ていて飽きないし、間近で見るとため息がでるほど美しい。

******コメントをいただいた小野様へ*******

ブログを読んでくださり、コメントまでいただき、ありがとうございました。
まだ、上海におります。最近、更新をさぼっていました。
ボクはアーティストではありませんが、アートを見るのは好きで、たまにM50などに出かけています。
今後ともよろしくお願いします。
コメントの返信がなぜかエラーになってしまうので、ここに書かせていただきました。
posted by chinausa at 12:31| Comment(1) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。